関係

比較方法

セブンスハウスとその主への側面

7番目の家またはその支配者に対する悪意のある惑星(太陽、火星、土星、ラーフ、ケートゥ、および6番目、8番目、12番目の領主)の側面は、分離または離婚を引き起こす傾向があります。 太陽は私たちを個人主義的または支配的にしすぎます。 土星は私たちをあまりにも反対にし、孤独にしたり、恐れさせたりします。 火星の側面は紛争や悲しみを引き起こす可能性があり、クジャドーシャの要因です。

ラーフは私たちに非現実的な期待と動機の混乱を与えます。 ケートゥは私たちを防御的で契約させます。 12番目の領主は私たちに関係を否定させます。 ここでは、8番目または6番目の家の領主も、人間関係だけでなく健康のためにも難しい場合があります。

一方、恩恵の側面は、7番目の家とその効果を後押しします。 7番目またはその領主に最適なのは、有益な木星の側面です。 それは関係の幸福を保証することができます。 それはパートナーの理解と関係の善意を生み出します。 木星が7番目の支配者でもある場合、それは特に強いです。 月が衰え、苦しんでいない限り、月の様相は一般的に良好です。 月は、コミュニケーション能力と感情の敏感さ、一般的な開放性と共有を与えます。

セブンスハウス

金星から7番目までの側面は、愛情を与え、個人を魅力的にするのに役立ちます。 マーキュリーの側面はコミュニケーションを増やしますが、永続的な連絡を保証するものではありません。

悪意のある人でない限り、7番目から7番目の領主の側面は通常役に立ちます。 しかし、それが最初の家から来た場合、これでさえ常に良いとは限りません。それは、自己の領域(最初の家)に限定された7番目の領主を示すことができます。